前へ
次へ

肩こりははやめに対策をする

慢性的な肩こりなどの場合には、自分なりに対策をしておくことも必要です。症状が悪化してしまうと生活にも支障が出てしまう可能性もあるため、肩に負担をかけないような生活の工夫やこりを軽減するための対策をしておきましょう。基本的に、私生活や仕事などで肩に負担のかかる作業を減らすことが重要です。力仕事やデスクワーク関係の仕事など肩に負担となりやすいため、重い物を持つなどの作業は、一人で行わずに協力してもらうなどの方法で負担を減らしましょう。台車などを使って運ぶというのも有効な手段です。デスクワークなど、同じ姿勢を長時間保つような仕事をしている場合には、首や肩に負担がかかりやすいため適度に休憩をはさみ、軽くストレッチなどをして筋肉のこりをほぐすというのも対策の一つです。少しでも肩への負担を減らすことが大切だといえます。そして、目の疲れから首や肩のこりの原因になる可能性もあります。目も適度に休めることは必要です。休憩中に少し遠くを眺めてみることや目をつむり、蒸しタオルなどで目の周囲を温めることで一時的に血行を改善し目の疲れをとる対策をしてみるのもいいでしょう。それ以外にも、お風呂上がりのマッサージなどをしてみることなども有効な手段です。お風呂に入ることで、体を温めることになり適度に筋肉の緊張をほぐすことになります。その状態で、マッサージを行えば効果が向上する可能性があるためおすすめです。肩こりに悩まされてしまうと、普段の生活でも不自由な状況となることもあります。できるだけ症状が軽いうちに対策をして症状が悪化しないようにするということや状況によっては、医療機関で診察を受けることも必要です。単に、肩の使い過ぎが原因と限らないため痛みが酷い、こりが慢性的で治らないという場合には、医療機関に通ってみるというのも一つの方法だといえます。快適な日常生活を送るためにも、肩に負担をかけない生活、そしてこりを軽減していくための対策をしっかりと行いましょう。

口コミ評価の高い守山区の訪問介護

現場で使える技術を養成します。

症状を作ってきたプロせスを理解した治療
元を治すことで、辛い症状を治していきます

先端医療機器と手技で痛みを改善する接骨院

昭和クラブ
要支援者や要介護者・障害区分2の方など様々な身体状態の方の通えるデイサービスです。

Page Top